忍者ブログ

Ninjaの故郷、伊賀: JR柘植駅前「中村屋」

三重県伊賀市■JR関西本線・草津線 柘植駅前の喫茶「中村屋」です。香り高い珈琲、心を込めたお食事(軽食)、お土産品。(月曜定休/7時30分~18時頃)

しまなみ街道

8月15日、朝4時目が覚める、天候は??、嫁を起こし”今から四国へ行く”。以前からチャンスがあれば四国へドライブと思っていたので思い切って出かけた。
何処まで行けるか、名阪国道を西へ。嫁は道路地図(愛読書)をにらみながら私はハンドルを握って走り出してから、行程を考えた。
神戸淡路鳴門、瀬戸中央、西瀬戸(しまなみ街道)の三者択一。大阪に入った頃に瀬戸中央に決まった。阪神高速3号神戸線から第二神明、明石を過ぎた頃、”下の道で”と言うので辰野駅からR250(はりまシーサイドロード)を走る。・・・地道をゆっくり走るとその土地の景色やその土地の生活が見えてきて面白い。 
赤穂に着いたら9時過ぎであった。これでは今日中に四国へたどり着くのは難しいと判断し赤穂城跡を横目に見ながら山陽道へ。山陽道岡山の手前で瀬戸中央ではなく”しまなみ街道”を行くと変更。
10時過ぎ福山SAで朝食、尾道市街を一周して11時ごろ”しまなみ街道”に入った。生島、大三島、伯方島、大島。各海峡では船の往来があり、橋下に見える小さな家々、海を渡る橋と島々、海の色が織り成す景色は絶景でした。
”ここで降りようか”と降りた島が伯方島。塩生成の工場を探したのですが判らず、造船所のクレーンが何基もそびえていました。昔、造船で栄えた島だったそうです。一周(約40分)。再びしまなみ街道へ。
13時20分ごろ今治に着いて、それから何処へ行こうかと・・
14時前に松山到着。市内をウロウロ、さ~何処へ と言う当てのないドライブでは、と ”佐多岬”へ行ってみたいと嫁のご進言(最初から思っていたのでは)で、海岸線を走る。R378、県道256を使って17時前に佐多岬まで1.8㌔のところまで到達。(あとは徒歩でと言うことで、断念)よ~~く走ったよ~。約670㌔。これまでドライブした道で一番美しいと思った。佐田岬半島を走っている間、右に左に海が目前に広がり雲の間から太陽がのぞき、波はキラキラと、一日中でも座り込んで見ていたい気分だった。また、水平線もい久しぶりに見た。行き交う船も多く、遠くに九州と思える島々?(陸地)が夕焼けに染まって見えていた。時間も遅いので僕たちだけだと思っていたら、なんと10数台の車が駐車場に止まっていた。遠くは神奈川ナンバーの車もあって、人気スポットなんだなあ~と。さすがに岬は風が強く、約20分程で退散した。17時過ぎ、佐多岬を出て、さて、今夜の泊まりを何処にするか?やはり大きな町でないとホテルがないと意見が一致。松山へ戻ることになった。197号八幡浜から56号大洲街道で内子へ、そこから松山まで(内子近くの上り坂のトンネルで渋滞)(20時ごろ到着)。駅前のタクシー運転手さんに聞いた”ホテル・サンルート”に落ち着いた。
16日は、吉野川沿いを走ってみたいとのご進言で6時半にホテルを出発。せっかく松山に来たのだから道後温泉でボチャ~ンと温泉に、と言うことで松山城から道後へ向かった。市営の駐車場(今回は無料)に車を置くと、なんと秋山由古(日露戦争の主役)の墓があった。お参りをしてから”坊ちゃん風呂へ”入った。
松山から松山道で善通寺へ。(車も少なく快適なドライブ)善通寺にお参りをして琴平へ。金毘羅さんには行かず石段下のうどんやで讃岐うどんを食す。(こしがあってなかなか美味しい味でした)
うどんで昼食後、R32号で州津へ出て吉野川のR192号(伊予街道)と県道12号を行ったり来たりして高松自動車道鳴門ICへ。途中ハイウェイオアシスにて”阿波踊り”を観賞。
初めてまじかにみた踊りは迫力に満ちていた。相当な練習量をこなさないと出来ないな~
鳴門自動車道にて海峡をわたり淡路島にはいった。淡路島をR28号で縦断。明石海峡大橋を渡り垂水ICに。ここから渋滞が始まる。そんなこんなで帰着したのが22時ごろ。
総走行距離1260km。  つかれた~~。
次回は来年。四万十川、室戸岬、足摺岬へ
#SHINOBI-TRAIN #草津線 #ラッピング電車 #忍者 #NINJA #柘植 #甲賀 #伊賀 #柘植駅 #北川美晃 #中村屋

拍手[5回]

PR

コメント

1. はじめまして

ピアニストの北川さんのブログをのぞいていて、この記事に出会いました。
北川さん、お忙しいし、列車のこといっぱい書いてるのに、車の運転もされて、しかも、ものすごく長距離(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)。そして、四国にきてるやん。(私は香川在住です)いったい、体がいくつあるんやろう?とよくよんでたら、ご両親のブログでした。
また、いつの日か、そちらの方面を訪れることがあったら、ふらっと立ち寄りたいです。
絵を見るのも楽しみです。

Re:まっちゃん 様

こんにちは。ピアニストの北川美晃です。コメントありがとうございます♪
そう、これは私の実家であり、両親が営んでいる「中村屋」のブログです。記事の内容は私のことではなく、実家&両親のことですが、こちらのほうもどうぞ宜しくお願いいたします。
山あいの田舎ですが、どんな場所にも文化の香りはあるもので、伊賀、そしてこの柘植からは作家、横光利一が生まれた場所であり、俳人、松尾芭蕉の生まれた場所でもあります。機会ありましたら、伊賀のほうへもお越しくださいませ、ありがとうございます。

北川美晃

プロフィール

HN:
中村屋・北川
性別:
非公開

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[09/25 中村屋 ]
[09/22 まっちゃん]
[09/22 まっちゃん]

バーコード

ブログ内検索

P R